HOME>オススメ情報>年齢によって不足しがちな女性ホルモンの働きを補うものとして注目の成分

腸内細菌によって大豆から作られる

エクオールは、大豆イソフラボンの一種・ダイゼインが腸内細菌によって代謝されてできる物質です。大豆イソフラボンと同じく女性ホルモンに似た働きを持っており、更年期以降の女性が女性ホルモンの不足によって悩まされる様々な症状を改善する作用があります。ただしエクオールは大豆イソフラボンを摂取すれば誰でも腸内で作れるというわけではありません。人によってエクオールを作れる体質の人と作れない体質の人がおり、日本人女性の場合作れるのはおよそ半数程度といわれています。日頃から大豆製品をよく摂っている人ほど作りやすい傾向があるのが特徴です。エクオールの産生能力がない人は更年期障害の症状が重くなることがわかっており、大きな問題となっています。対策として大豆を多く食べ始めても、すぐに体質が変わることはありません。そのため、サプリメントの摂取が有効な対策と考えられています。

いつまでも若々しく健康でいるために

体内でエクオールを作れない人にとってサプリメントは手軽に、かつ安定的にエクオールを摂取できる手段といえます。エクオールの代表的な効能は、更年期障害の症状の改善です。のぼせや発汗の症状が現れるホットフラッシュ、あるいは首や肩の凝りにも有効です。また、更年期以降の女性が陥りがちな骨粗鬆症も女性ホルモンの減少によるものですが、サプリメントを摂取することで骨密度の減少も抑えられるといわれています。さらに内臓脂肪の面積を減らしたり、動脈硬化を防ぐといった効能も確認されています。健康面だけでなく美容面でも欠かせないのがエクオールです。女性ホルモンは肌の張りを保つコラーゲンやエラスチンの産生にもかかわっているため、不足するとシワやたるみといった肌老化の原因となります。若々しくハリのある肌を保つためにもエクオールは必要不可欠な成分といえるでしょう。

広告募集中